性病の知識が無いと困ったことに・・・

正しい知識を身に着けて自分の身を守りましょう

12月, 2012のアーカイブ

感染拡大の速度

性病の感染拡大の速度というものは、感染者自身の動きによって大きく変化していきます。

たとえば性交渉を行う回数も相手も多い場合は、その分感染拡大の速度は高くなります。

また、性感染症の潜伏期間というものは、その種類によって違ってくるため、一番最初に感染させてしまった人がさらに多くの人に無意識の間に感染を広めてしまう場合も多々あります。

このようなことは特に若い男女において起こりやすいことで、いかに性的モラルが性病予防を考える上で大切なのかを物語っています。

一人一人の若者が、性病についての知識を深め、その感染に危機感を持つことが、実はもっとも大切なことなのではないかと思います。

若い人ほど、まずは知識を多く身につけていくようにしてください。

マナーとして確実に

性交渉による病の感染を予防するには、コンドームの使用が最低限必要だということはほとんどの人がすでに理解しているはずです。

しかし、実際に誰かと性交渉を行う場合に、特に若者の間ではゴムを使用できる人は少ないのが現状です。

これは単純に自身の節操のなさが原因となっている場合もありますが、性交渉を行う相手からの勧めに応じてしまうことでゴムの使用を行わない場合も多々あるようです。

そしてそんなときには、コンドームの使用というものはすでに現在では一般的なマナーのひとつになっているということを理解しておきましょう。

あくまでマナーとして守らなければいけないと頑なに考えていれば、どのような相手との性交渉もより安全に行うことができるでしょう。

中断は御法度

一度医師の診断の下、性病治療を開始したなら完治するまで医師の指示には従いましょう。

少なくとも治療薬の投与を自己判断で勝手に中断したりすることだけは止めておいてください。

もしも投薬を中断してしまうと、性病が再発する可能性があるだけでなく、症状がぶり返した際には、性病の原因菌が耐性菌となってしまい、さらに長期間の治療が必要になる場合があります。

耐性菌というものは通常の治療薬に体勢を持ったものであり、これが発生するだけで、性病の治療期間は二倍以上になる場合もあるためよくよく注意しておくべきです。

また、アルコールの過剰摂取も耐性菌の発生を助けることとなる可能性がありますので、治療中のお酒はほどほどにしておいてください。

投稿ナビゲーション