性病の知識が無いと困ったことに・・・

正しい知識を身に着けて自分の身を守りましょう

子宮頸がんを引き起こす

前回ご紹介した尖圭コンジローム(コンジローマ)の原因である「ヒトパピローマウイルス(HPV)」は、女性特有のがんである「子宮頸がん」を引き起こす原因であると言われています。

HPVは皮膚に付着する「皮膚型」と粘膜に付着する「粘膜型」の2種類に分類されます。

子宮頸がんの原因となるのは「粘膜型」によるものであると言われています。

そもそも、ほとんどの女性が生涯に一度はHPVに感染することがあると言われているのですが、そのうちの約80~90%はHPVが体外に自然排除されることで治癒すると考えられています。

しかし、残りの約10~20%に関しては、感染が長期化し細胞に異変が起きてきます。

この細胞異変が長い時間を掛けて高度異形成へと進行した場合に「子宮頸がん」を発症すると言われているのです。

広告

個別投稿ナビゲーション

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。