性病の知識が無いと困ったことに・・・

正しい知識を身に着けて自分の身を守りましょう

淋菌について

淋病(淋菌感染症)を引き起こす原因菌である「淋菌(Neisseria gonorrhoeae)」は、人とチンパンジーだけに感染する真正細菌(ナイセリア属グラム陰性双球菌)のことを指します。

ナイセリア属の真正細菌は全部で11種類あると言われており、そのうち9種類は日本人の約5~10%が口腔内に保有する「常在菌」であると言われています。

しかし、それらは人体には無害であるため、病原性のものは残り2種類の「淋菌」と「髄膜炎菌(Neisseria meningitidis)」のみであると言われています。

近年は、この淋菌に抗生物質などの薬剤に対する耐性を獲得した「薬剤耐性菌」が出現したと言われており、新たな抗生物質や抗菌剤に対しても短期間のうちに耐性を獲得すると言われているのです。

その原因は、性風俗などの蔓延や治療を最後まで行わずに放置してしまうことではないかと考えられています。

広告

個別投稿ナビゲーション

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。