性病の知識が無いと困ったことに・・・

正しい知識を身に着けて自分の身を守りましょう

クラミジアは口腔内にも

オーラルセックスなどによって、クラミジアトラコマティスが咽頭に感染するケースがあります。

「咽頭クラミジア感染症」とも言われており、性器にクラミジアが確認された場合、約20~30%の患者の咽頭にも感染が確認されることがあると言われています。

主な症状は、咽頭の腫れや扁桃炎、発熱などの風邪の諸症状によく似たものですが、性器クラミジアと同じく、それらの症状が現れない場合がほとんどです。

扁桃炎や咽頭炎などで、通常の抗菌薬が効かないという場合にはクラミジアの感染が疑われる場合があります。

また、性器クラミジアに比べて咽頭クラミジアは治療に時間が掛かるとも言われているのです。

 

広告

個別投稿ナビゲーション

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。